外用薬の使い方

■ 坐薬 ■

1)坐薬を包装から取り出し、後部を指先またはガーゼ、ティッシュ ペーパーなどでつかみます。
2)とがった方から肛門に入れて10秒程度押さえておいてください。

    
1本では多すぎるため、半分などの指示がある場合は包装フィルムごと清潔なナイフ等で図の
ように斜めに切り、フィルムをはがし、とがった部分(水色の部分)を入れます。

坐薬を入れてから効果を現れるまでの時間は坐薬の種類、使用量、年齢、症状などによって
異なります。熱を下げる坐薬の場合、38.5度以上の発熱があってしんどそうなとき
に使用してください。ただし、38.5度以上の発熱があっても、元気であれば無理に使う
必要はありません。2回目使うときは8時間以上空けてください。

解熱剤と吐き気止めの2種類の坐薬をもらった時は 吐き気と発熱の両方の症状がある場合は
まず吐き気止めの坐薬を先に使っていただき、30分位たったら解熱剤の坐薬を使ってくだ
さい。同じ坐薬を一度に1本以上使うように指示されている場合は10分以上間隔をあけれ
ばよいです。


■ ダイアップについて ■

1)医師の指示がある場合は指示にしたがって使用してください。指示のない場合の・・一般的
な使い方ですが・・(1回目)38度以上の熱が出て ひきつけそうなときに使用(2
回目)1回目使用から8時間以上たって38度以上の熱が続いている時に使用。
これ
で24時間効果があります。解熱用坐薬と一緒に処方された時はダイアップを先に入れて
30分たってから解熱用坐薬を使用。


■ 点眼薬 ■

1)まず最初に手を洗ってください。
2)指で下まぶたを軽く引き、容器の先が目やまつげに触れないように気を付けて点眼してくだ
さい。点眼液は1滴で充分です。
3)点眼したあとは数分間静かに目を閉じてください。点眼後に軽く目頭を押さえるのも効果的
です。
4)目から流れ出た点眼液は清潔な ティッシュなどで拭いてください。
5)2種類以上の点眼液を使う場合 は5分以上間隔をあけてください。
6)容器のキャップをしっかり閉めて直射日光や高温を避けて保管して下さい。(他人の点眼薬
や古くなったものは使用しないでください。)

赤ちゃんが目薬をこわがるようなら見えないように目じりや目頭にそっと1滴たらし
てもOKです。


■ 眼軟膏 ■

1) 使用する前に手を洗ってください。
2)指で下まぶたを軽く引き、まぶたの内側に横に細長く軟膏を入れてください。このとき容器
の先端が直接眼に触れないようにします。
3)点眼したら軽くまばたきをしティッシュペーパーで余分な軟膏を拭き取ってください。軟膏
を入れた直後、一時見えにくくなることがありますが心配ありません。

眼軟膏が目に行き渡ると、一時白濁したようになってしまい、赤ちゃんはびっくりし
て泣くことが多いようです。眼軟膏をつけたあとはだっこしてあげるなど、安心させ
てあげましょう。


■ 点鼻薬(噴霧式)■

1)まず最初に手を洗ってください。
2) 鼻を軽くかむ。頭を少し後ろに傾けまっすぐ座ります。
3)容器の先端を鼻内に入れ横を強く押し鼻から軽く息を吸い込みながら噴霧します。
4)お薬を鼻の奥まで広く行き渡らせる為に、 頭を後ろに傾けたまま,数秒間鼻で静かに呼吸します。
5)使用後は噴霧器の先端をきれいに拭き 必ずキャップをしてください。


■ 塗り薬 ■

1)まず最初に手を洗ってください。
2)チューブまたは軟膏容器のふたをとります。(口のあいていないものはキャップの先端で穴を
開けます。)
3)患部を清潔にします。(前につけたお薬は静かにふきとるか、水で静かに洗い、清潔なタオル
で軽くたたき水分をとります。)お風呂上がりの場合も良く水分をとります。
4)少量のお薬を患部につけ、軽くのばします。 (多くつければ、よくきくわけではありません)

チューブの先を直接患部にふれないでください。
医師から使用回数・使用方法を指示されている 場合は医師の指示通りにしましょう。


■ ホクナリンテープ ■

1日1回、胸部、背部又は上腕部のいずれかに貼ります。子供さんの場合は手が届きにくい背
中に貼るといいでしょう。貼ってすぐはがれた場合は絆創膏等で上から止めるといいでしょう。
貼るときは、患部をタオルなどでふいてよく 乾燥させてから貼ってください。2回目以降貼る
場合は、かぶれないよう毎回違う場所に貼るようにしてください。かぶれがひどい時は医師に
相談してください。
傷口や湿疹のあるところ、汗をかきやすい ところや、クリーム、軟膏を塗った部分には貼らな
いようにしてください。


■ トローチ ■

そのまま呑み込んだり、かんだりしないで 口の中でゆっくり溶かしてください。

吸入の仕方

医師から使用回数等を指示されている時は指示にしたがって使用してください。指示通り使って
まだ症状が改善されない場合は医師に相談してください。
それぞれの吸入剤には、吸入方法や保管方法 その他注意事項を書いた紙が入っていますので
そちらも参考にしてください。


Copyright (c) 2006-2018 みどり調剤薬局 All Rights Reserved.   Design by http://f-tpl.com